腰痛の原因〜中年太り?子宮内膜症再発?〜

スポンサーリンク
momo
momo

昨年(2021年)の8月末くらいから、なんとなく腰が重かったのですが、

11月末にとうとう歩くのもやっとの状態になってしまいました。

どうしても病院に行くのが嫌で、あれやこれやと色々なことを試しました。

今は良くなったので、その時のことについて、

皆様の腰痛治療の参考になれば・・・と思い、ブログしました。

これまでの腰痛

過去に何度かひどい腰痛をしてきたことがありました。

一度目は中学生の頃で、バスケをしている最中にぎっくり腰のようになり、しばらく走ることができなくなりました。

その時は祖父に連れられて、整骨院に何度か通って治しました。

二度目は国家公務員時代で、二つの病院で診てもらいましたが、どちらも異常はないと言われました。

しかし、痛み止めや湿布では全く良くならず、座っていることも辛くなり、

どうにもならなくなって鍼灸院に行ったところ、一度の施術でほぼ良くなり、二度の施術で治りました。

そして、三度目が今回です。

今回は徐々に悪化していったような感じです。

最初は腰が重く、階段を登っていても腰に鉛でもついているのではないかと思う程でした。

それでも、時間が経てば治るだろうと思っていたのですが、

治るどころか、次第に痛みも出るようになりました。

そして、どんどん腰を曲げられなくなりました。

ほんの少し腰を前屈みにしようとしただけで、激痛が走ります。

しまいには、いったい今までどうやって腰を曲げていたのかわからなくなりました。

そして、とうとう歩くのも辛い状態になってしまいました・・・。

考察

なぜ腰痛になったのか、その原因を考えました。

中年太り

初めは、腰が重いのは生理のせいかと思っていました。

40歳を過ぎたくらいから、生理前と生理中に下腹部がぽっこりと出始めて、生理が終わると嘘のようにお腹が引っ込んでいました。

しかし、最近は生理が終わっても下腹部のぽっこりが引っ込まなくなりました。

そして、あることを思い出しました。

まだ30代の頃、40歳を超えた人たちから、「40歳過ぎた直後から空気吸ってるだけで太るよ!」と言われたことがありました。

「いやいやそれは言い過ぎでしょ。」とその時は心の中で思っていましたが、

それから数年後、私も40歳を過ぎました。

特に体型に変化はなく、私の場合は食べれば太るし、食べなきゃ痩せるので問題ない。と思っていました。

ところがです。

そろそろ40歳も後半に近づこうとしているここ最近、生理が終わっても、あまり食べていなくても、なかなか下腹部が引っ込まなくなってきていることに気づきました。

このお腹の出っ張りは、もしや「中年太りか?」と考えました。

振り返れば、腰が重くなってきた頃、ストレスからか無性に体に悪いものが食べたくて、ポテトチップスやチョコレートを大量に食べていました。

しかも、あーゆーものは食べた後、少し時間が経ってから体型に現れてくるので、

しばらくの間調子に乗って食べ続けていると、知らぬ間に下腹部が出ており、お尻の位置がいつもと違うことに気がつきました。

いつもならもっと体に近いところにお尻の肉があったように思うのですが、いつもよりもちょっと体から遠いところにお尻の肉がありました。

気づくと顔もパンパンにまん丸になっていました。

この腰の重さは体重増加から来ているのだと思いました。

子宮内膜症再発?

もう一つ考えられることは、子宮内膜症の再発です。

私は以前、子宮内膜症の卵巣腫瘍で手術をしたことがあります。

その内容については「子宮内膜症・チョコレート嚢胞・月経随伴性気胸とは」というブログをご覧ください。

最近は生理前から腹痛が出始めており、子宮内膜症が再発しているのではないかと思われる痛みも出ていました。

卵巣も腫れているのか、下腹部を軽く触るだけでも常に痛みがあり、硬くなっていました。

そして、腰が重くなってきた頃から、生理による腹痛も酷くなり、生理が終わっても下腹部が引っ込まなくなりました。

腰が重いだけならそんなに深刻に考えなかったのですが、

腰の重さを放っておいたら、次第に腰に痛みが出るようになりました。

すぐに病院に行けば良いのでしょうが、緊急性を感じなかったし、

例え婦人科で「ガンです」とか言われても、私は抗がん剤治療はしないと思うので、病院に行っても無駄だと思い、とにかく自力で治そうと思いました。(皆さんは、ちゃんと病院で診察してもらって下さい!)

それに、ちょうどその頃、知り合いの人が抗がん剤治療を受けて立て続けに二人亡くなっていたのもあって、余計に自力で治したいと思いました。

試したこと

腰痛を自力で治そうと、私が試してみたことは以下の通りです。

何が効果的だったのか・・・

実は何が効果的だったのかわかりません。

痛い時って、とにかく少しでも痛みをとろうと、ありとあらゆることを試してしまうので、

一定期間ひとつのことだけをずっと試す・・・というわけにはいかず、

上記のものを短期間で一気にやりました。

ですから、もしかしたら、それらの相乗効果で良くなったのかもしれないのですが、

「これ」というものは実はわかりません。

ちなみに、上記の中で試して今回効果がなかったのは「痛み止め」でした。

以前、子宮内膜症でお腹が死ぬほど痛かった時、ボルタレン砕いて水に溶かして飲んた時は、

驚くほど効いたのですが、今回はその時の痛みとは違うからなのか、

ボルタレンを飲んでも、ロキソニンを飲んでもダメでした。

試した理由

なぜ、上記のようなことを試したのかについては、

長くなったので、また別の記事でお伝えしていきたいと思います。

でも、まず最初に一つだけお伝えしておきます。

運動・ストレッチ

私は運動神経は悪くない方で、小学生の頃から大学生まで、体育の成績だけは良い方でした。

でも、基本的に体を動かすことが嫌いで運動やストレッチをしていませんでした。

しかも、食べ過ぎで体重も増え、お腹も引っ込まないことから、まずは体を動かそうと思いました。

腰が重くなっていた時は、仰向けに寝てもお腹が引っ込まない状態でした・・・(汗)

しかも、仰向けに寝て、膝を抱えようと思っても、お腹の肉が邪魔するのか、腰が痛いからなのか、

膝を抱えることもできなくなっていました。

これには本当にびっくりしました。

運動やストレッチは、YouTubeで「腰痛」と調べると色々出てくるので、

それを見ながら一緒に体を動かしたり、ストレッチしました。

しかし、一時的に良くなったりすることはあったのですが、

やり過ぎたのか、余計に痛くなったりして、運動やストレッチでも治ることはありませんでした。

何事もほどほどが大切ですね・・・。

でも、相当体が硬くなっていることに気づき、日頃から運動をすることや

筋肉を柔らかくしておくことの大切さに気づきました。

運動やストレッチは適度にやると良かったと思います。

momo
momo

次回は、腰痛になって試したことの続きをお伝えしていきます。

タイトルとURLをコピーしました