スポンサーリンク
home

オススメ本『自然の力で治す』

自然治癒力をアップさせる方法をご紹介しています。断食、食、ヴィーガン、ベジタリアン、ヨガ、瞑想、アーユルヴェーダ、鍼灸治療などなど。
東洋医学

病気の原因

東洋医学の視点でみる「病気の原因」についてお伝えしています。七情(感情)・六淫(季節)・ウイルス・感染症・食生活・外傷・性生活・生活習慣など・・・。これらが病気の原因に関わっています。

オススメ本『伊豆の山奥に住む仙人から教わった からだがよみがえる「食養術」 ダメなボクのからだを変えた 秋山先生の食養ごはん』

『伊豆の山奥に住む仙人から教わった からだがよみがえる「食養術」 ダメなボクのからだを変えた 秋山先生の食養ごはん』を読んで、思うことを書いています。
東洋医学

東洋医学で見る「腎臓」の働き

今回は東洋医学で見る「腎臓」の働きについてお伝えします。
東洋医学

東洋医学で見る「脾」の働きー消化吸収・筋肉・思・唾液・出血・四肢・唇ー

東洋医学における「脾」の働きについて説明しています。
東洋医学

東洋医学で見る「肝臓」の働き〜判断力・蔵血・筋・爪・目・涙〜

今回は東洋医学で見る「肝臓」の働きについてです。東洋医学での「肝臓」の働きは西洋医学とは違う部分が多くあります。肝臓と怒り、筋肉、爪、目、涙、精神活動がつながっています。意外な部分と人体の臓器がつながっているのが不思議でもあり、東洋医学の面白さでもあります。是非、読んでみてください。
東洋医学

東洋医学で見る「肺」の働き〜気血津液・呼吸・悲しみ・皮膚〜

東洋医学で見る「肺」の働きについて説明しています。肺の働きは呼吸をすることだけではなく、体の血液や津液、皮膚や鼻水、そして悲しみとも関係しています。

オススメ本『「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる』

秋山さんは言います、「正しい本物の食事をとれば、自分がもともと持っている自然治癒力が目覚め、健康な体を取り戻すことができる」と。この本は、生きるために口にするはずの食べ物が最近は危険なものになっていること、本物の食事とはどんな物なのか、健康になる食養生活方法を教えてくれます。この本はKindleunlimitedで読みました。
東洋医学

東洋医学でみる心臓の働き〜血脈・精神・顔色・舌・汗〜

心臓の働きと言えば、心臓がポンプのように動いて血液を全身に巡らせていることをイメージしますよね。東洋医学でも、心臓にはそのような働きがあるのですが、実はそれ以外にも心臓が関係している働きがあります。今回は、東洋医学からみる「心臓」の働きについてご紹介します。
東洋医学

整体観念〜人体は小宇宙〜

天地人三才思想・天人合一思想・整体観念について説明し、東洋医学がどのようなものなのかをご紹介しています。

甘いものが異常に好きな人はおなかの中にカビがいるかもしれません

「おなかのカビ」についてお伝えします。
施術体験談

何か入れてるんでしょ?

鍼を刺した時不思議な感覚を感じる患者様のお話です。
子宮内膜症について

ピルの副作用と子宮内膜症のその後

ピルと副作用と子宮内膜症のその後についてお伝えします。
月経随伴性気胸

月経随伴性気胸(胸郭子宮内膜症)〜右胸の痛み〜

月経随伴性気胸(胸郭子宮内膜症)と判明するまでの経緯をお伝えします。
子宮内膜症について

ホルモン注射とホットフラッシュと月経随伴性気胸

チョコレート嚢胞の手術についてとその後について。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました