スポンサーリンク
独り言

若いうちに知っておくべき12のこと

高齢になっていくと、これまでできて当たり前だったことができなくなっていきます。それは、若い頃には考えもつかなかったことです。でも、いずれ自分の身にも起こりうることです。今からそれを知っておけば、いつかその時が来ても冷静に対処することができます。手の震え、歩けない、耳が聞こえない、目が見えない(白内障、老眼、緑内障)など
東洋医学

抜缶療法(吸玉・カッピング)

吸玉療法・カッピングとも呼ばれている「抜缶療法」についてお伝えします。皮膚表面に細くて短い血管が多数ある人は「瘀血」がある証拠です。瘀血改善のためには「抜缶療法」をオススメします。抜缶療法は血液循環を良くし、新陳対代謝を促進させることで、瘀血を改善させ、体の痛みを緩和します。抜缶療法は健康増進にとても良い健康法です。
東洋医学

その症状は瘀血(おけつ)が原因かもしれません

血栓症、頭痛、脳梗塞、精神神経障害、認知症、シミ(肝斑)、歯周病、健忘、心筋梗塞、肺梗塞、手術痕の痛み、更年期障害、生理異常と生理痛、不妊症、子宮内膜症、子宮筋腫、肩こり、関節痛、凍傷、褥瘡、静脈瘤、アトピー性皮膚炎、慢性湿疹、手紫斑など、これらは「瘀血」が原因かもしれません。
自然療法

ニンジンジュースの凄いパワー!

にんじんにはカロテンが豊富に含まれているので活性酸素を除去し免疫力を増強します。また、血圧を下げたり、体内毒素を排出したり、ステロイド様ホルモンの働きをしたりと、ニンジンは免疫力増強して健康増進を促し、病気の治療や予防をしてくれます!
東洋医学

逆子には足のツボ?痔には腕のツボ?

逆子治療には足の小指にある至陰というツボを使います。痔には腕にある孔最というツボを使います。足や腕にあるツボを刺激することで、どうしてお腹やお尻に影響がいくのでしょうか?今回はその謎について経絡の流れから説明していきます。

オススメ本『自然の力で治す』

自然治癒力をアップさせる方法をご紹介しています。断食、食、ヴィーガン、ベジタリアン、ヨガ、瞑想、アーユルヴェーダ、鍼灸治療などなど。
東洋医学

病気の原因

東洋医学の視点でみる「病気の原因」についてお伝えしています。七情(感情)・六淫(季節)・ウイルス・感染症・食生活・外傷・性生活・生活習慣など・・・。これらが病気の原因に関わっています。
東洋医学

東洋医学で見る「腎臓」の働き

今回は東洋医学で見る「腎臓」の働きについてお伝えします。
東洋医学

東洋医学で見る「脾」の働きー消化吸収・筋肉・思・唾液・出血・四肢・唇ー

東洋医学における「脾」の働きについて説明しています。
東洋医学

東洋医学で見る「肝臓」の働き〜判断力・蔵血・筋・爪・目・涙〜

今回は東洋医学で見る「肝臓」の働きについてです。東洋医学での「肝臓」の働きは西洋医学とは違う部分が多くあります。肝臓と怒り、筋肉、爪、目、涙、精神活動がつながっています。意外な部分と人体の臓器がつながっているのが不思議でもあり、東洋医学の面白さでもあります。是非、読んでみてください。
東洋医学

東洋医学で見る「肺」の働き〜気血津液・呼吸・悲しみ・皮膚〜

東洋医学で見る「肺」の働きについて説明しています。肺の働きは呼吸をすることだけではなく、体の血液や津液、皮膚や鼻水、そして悲しみとも関係しています。

オススメ本『「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる』

秋山さんは言います、「正しい本物の食事をとれば、自分がもともと持っている自然治癒力が目覚め、健康な体を取り戻すことができる」と。この本は、生きるために口にするはずの食べ物が最近は危険なものになっていること、本物の食事とはどんな物なのか、健康になる食養生活方法を教えてくれます。この本はKindleunlimitedで読みました。
東洋医学

東洋医学でみる心臓の働き〜血脈・精神・顔色・舌・汗〜

心臓の働きと言えば、心臓がポンプのように動いて血液を全身に巡らせていることをイメージしますよね。東洋医学でも、心臓にはそのような働きがあるのですが、実はそれ以外にも心臓が関係している働きがあります。今回は、東洋医学からみる「心臓」の働きについてご紹介します。
東洋医学

整体観念〜人体は小宇宙〜

天地人三才思想・天人合一思想・整体観念について説明し、東洋医学がどのようなものなのかをご紹介しています。
施術体験談

何か入れてるんでしょ?

鍼を刺した時不思議な感覚を感じる患者様のお話です。
スポンサーリンク