病気と不調があなたに伝える〈からだ〉からのメッセージ『自分を愛して!』

スポンサーリンク
momo
momo

今回は私のオススメの本をご紹介します。

この本は体に現れる病気や症状に対して、

なぜそのような症状が出たのか、

その原因と対策を教えてくれる本です。

病気の原因

人はなぜ病気になってしまうのでしょうか?

以前、このブログでも東洋医学からみる「病気の原因」という記事を書きました。

その中にもあったように、人が病気になるのには様々な原因があります。

大抵の人は、食事や生活習慣、過労やストレスが病気の原因だと思っているのではないでしょうか?

もちろん、それらは病気の原因になり得ますし、様々な原因が重なって病気になっていくので、

原因が一つということはありません。

ただ、病気になる原因は、一般的に言われている食事やストレス以外にもあるのです。

それらは、「感情・価値観・信念・考え方のクセ・物事の受けとめ方など」です。

これらは、あまり病気の原因として考えられていないのではないでしょうか?

価値観・考え方・受けとめ方

価値観、考え方、受けとめ方というものは人それぞれで、

似たような価値観、似たような考え方、似たような受けとめ方をする人はいると思いますが、

自分と全く同じ価値観、同じ考え方、同じ受けとめ方をする人は、この世に一人としていないと私は思っています。

例えば、三人の人が同じ場所で同じ景色を見ていたとします

一人は子どもの頃、その場所で迷子になって怖い思いをしたことがあるとします。

一人は50年連れ添った妻にプロポーズした場所だったとします。

一人は転んで骨折した場所だったとします。

その場所に対する三人の思い、感じ方、感情はそれぞれ違うので、

視覚的には全く同じように映っている景色でも、

心の中に映る景色は三人それぞれ全く違うものなのです。

同じ物を見ていても、同じ景色を見ていても、同じ経験をしていても、

その物、景色、経験というのは、

自分の過去の思い出や考え方が付着したフィルターを通っているので、

それらはそれぞれ全く別のものになります。

つまり、人の数だけ価値観があり、考え方があり、受けとめ方があるということです。

「考え方」「受けとめ方」については動画がありますので、是非、こちらも観てみて下さい。

ですから、フィルターは常に掃除して、余計な思いや感情、考え方を洗い落としておくことが大切なのです。

手放せない思いや考え方をフィルターに付けたまま生きていると、

もっと単純に生きれるはずが、物事がどんどんややこしくなっていったり、

少しのことで怒りやすくなったり、言いたいことも言えなくなったり・・・、

そうして、それらはとうとう心身に「病気」「症状」「不調」という形で現れていきます

ただ、フィルターにどんな経験が残っていて、どんな感情が解放されずにいて、どんな考え方が心身に影響を及ぼしているかなんて、自分では分からないものですよね・・・。

そこで、オススメなのがこの本です!

オススメ本『自分を愛して!』

この本は「肉体的なレベル」「感情的なレベル」「精神的なレベル」「スピリチュアルなレベル」から、体の不調の原因と対策を解説した本です。

つまり、自分のフィルターにどのようなものが付着しているのかを教えてくれて、その掃除方法が載っているのです。

膝の痛み

[肉体的なレベル]

膝は、足の関節のうちで最も重要な関節です。膝の関節は、起立の状態で体重を支え、歩いたり、階段を上ったり、下ったり、座ったり、身をかがめた理、身を伸ばしたりするのに使われます。

『自分を愛して!』 by リズ・ブルボー

[感情的なレベル]

膝のトラブルや痛みは、その人が未来に対して柔軟に対応できない、ということを表します。したがって、傲慢で頑固な人、他人の忠告を受け入れることのできない人が、膝の痛みを抱えることになります。

『自分を愛して!』byリズ・ブルボー

[精神的なレベル]

からだからあなたへのメッセージは、「あなたは自分が柔軟だと思い込んでいますが、それはとんでもない自己欺瞞です。そんな思い込みはさっさと捨てるべきでしょう」というものです。(中略)他人の忠告を受け入れて、あなたの未来や、あなたの愛する人の未来に、これまでとは違ったやり方で対応してみたらいかがでしょうか?あなたはコントロールを失うことにはなりません。そんな恐れはもう捨てた方がいいでしょう。あなたが・・・

『自分を愛して!』byリズ・ブルボー

スピリチュアルなレベルについては、全症状同じことをするので、本を読んでみて下さい。

腱炎(腱の炎症)

[肉体的なレベル]

腱炎とは、筋肉と骨を結びつけている腱が炎症を起こした状態のことです。腱炎がさらに進むと、腱が破断して、急激な鋭い痛みに襲われることもあります。腱炎になると、腱が変質する可能性があるのです。

『自分を愛して!』byリズ・ブルボー

[感情的なレベル]

腱炎になる人は、激しい怒りを抑圧しています。人と断絶することが恐くて、何かをするのをためらうタイプです。腱炎がどこに起こっているかによって、どんなことを恐れているかが分かります。たとえば、・・・

『自分を愛して!』byリズ・ブルボー

[精神的なレベル]

からだからあなたへのメッセージは、「あなたは、自分のやることが、他の人たちの気に入る時だけ、あるいは特定の誰かの気に入る時だけ、自分はそれをすることができる、と考えてきましたが、もうそのように考える必要はありません」というものです。あなたは、誰かと断絶するのを恐れていますが、それはあなたの想像の産物に過ぎない可能性もあります。問題の人にきちんと聞いて、本当にそうなのかを確かめるとよいでしょう。また、・・・

『自分を愛して!』byリズ・ブルボー

肺のトラブル

[感情的なレベル]

肺は、生きる欲求、良く生きる能力、つまり生命力と直接関係のある器官です。肺は、酸素、つまり「生命」を人間の体に供給する器官なのです。ですから、肺にトラブルがあるということは、その人が、生きることに困難を覚えて苦しんでいる、ということを示しています。つまり、悲しみを感じているということなのです。失望や絶望を感じているということなのかもしれません。あるいは、・・・・

『自分を愛して!』byリズ・ブルボー

[精神的なレベル]

肺は、生命に直接か関わる器官のうちでも、最も重要な器官の一つです。肺のトラブルが深刻であればあるほど、そこから送られてくるメッセージは緊急の度合いを高めます。からだからあなたへのメッセージはこうです。「『生命』を肺いっぱいに吸い込んでください。そして、生きることをもっと大切にし、生きる意欲を育むのです。あなたが許可しない限り、あなた以外のどんな人も、どんな状況も、あなたを息苦しくさせたり、あなたを閉じ込めたりすることはできません。いたずらに状況を大げさにするのではなく、時間をかけて人生の良い面や幸福の可能性を発見して下さい。あなたの幸福を作り出すことができるのは、あなただけなのです。どうか、あなたの考え方、物の見方を変えてください。あなたは・・・・

『自分を愛して!』byリズ・ブルボー

腰痛に関しては、こちらをご覧ください。

「腰痛対策のあれこれ」

このように、様々な症状について感情・精神的レベルで書かれています。

辞書のようになっているので、気になる症状の頭文字から探すことができます。

ただ、この本に書かれていることが絶対正しいという訳ではありません。

でも、自分の心身の症状について読んでみて、何か心当たりがあることがあれば、

参考にしていくと良いと思います!

momo
momo

病気や症状というのは、心身からのメッセージです。

病気になった時は、食生活や生活習慣を見直すことはもちろんですが、

自分の内面、価値観、考え方、人生を振り返ることで、

より一層、メッセージを受け取りやすくなると思います。

この本はとても役に立つと思うので、

この際に、薬と同じように、

是非、家庭に一冊置いておくのはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました